捨てられない!片付けられない!もったいない!というあなたに。断捨離・片付けがすすむ考え方とは?

こんにちは。misakiです。

今回は「どうしても片付けられない、捨てられない」という方に向けて

わたしが効果あり!と思った捨てやすい考え方をご紹介したいと思います。

その考え方とは、

1つ目は「ときめきで捨てる」

2つ目は「お店で売っていたら買うか?で捨てる」

ときめきで捨てる

これはもうずいぶん有名ですが、こんまりさんによる捨て方メソッドです。

ときめきで捨てるとは、

ものを手にとって単純にときめくか、ときめかないかを判断して捨てると言うものです。

これのすごいところは、「ときめき」を判断基準にすることで、捨てるときに感じる「もったいないという考え、ものに対する執着」を考えず、感情的にならずに捨てるか捨てないかの判断ができるところです。

捨てられない一番の理由は、ものに対しての執着です。いかに、「もったいないという考え」を持たないかが重要なかぎとなるといえます。

「ときめきで捨てる」を実践してみよう。

これで一気に断捨離が進みますよ~!!

そして2つ目

「お店で売っていたら買うか?」で捨てる

これはメンタリストのDaiGoさんがニコニコ動画でおっしゃられていました。

ときめきという言葉はどちらかというと女性が使う言葉であることが多いので男性は苦手意識をもったり、その感覚がわからない方もいるのではないでしょうか?

そういう方は

お店のショーケースに並んでいたら購入するか?

をイメージしてみると、必要なものとそうでないものの見極めがつくのではないでしょうか。

ぜひこちらの考え方も取り入れて、断捨離を進めましょう~!!

捨てるより手放す

以上、捨て方について考えてみましたが、「捨てる」って言葉、なんだか少し嫌な感じがしませんか?

例えば、

「貰い物を捨てる」

「服を捨てる」

ものをないがしろにしている感じ。

そこで「捨てる」という言葉を「手放す」に変換してみませんか?

「貰い物を捨てる」→「貰い物を手放す」

「服を捨てる」→「服を手放す」

なんとなくこっちの方が自分に対しての感じも良くないでしょうか。

捨てることに抵抗がある方は、「手放す」と言葉を変換することでも片付けが進むのではないでしょうか。

以上、・ときめきで捨てる ・お店で売っていたら買うかで捨てる ・捨てるを手放すに変換する。

これで一緒にお部屋を脱却しましょう!

あなたならできる!!

では!