カバンの収納方法を考えよう。

こんにちは!misaki-katazuke.netのみさきです。

今日はカバンの収納方法について考えたいと思います。

参考にした本はこちら!


大ベストセラー!アメリカでも大人気の近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」🧙‍♀️超有名ですね。


カバンはbag in bagで収納せよ

こんまりさん流カバンの収納方法とは、カバンをカバンの中に入れるというものです。

↓↓↓

ひとつにまとめました。

実際にこの方法を実践してすごくいいアイデアだと実感しています。

bag in bagのメリット

  • カバンが散らからない
  • 場所を取らない
  • 無駄にカバンが増えない


ひとつにまとまっているとカバンは散らかりませんし場所も取りません。

カバンを使用するときは中のものをとりだすので、全体の個数が把握しやすいです。

bag in bagができないと、カバンの量が増えたとわかるので、カバンを気軽に購入することもなくなります。

ポイントは同じ種類のカバン同士を入れ子にすること。革製品、冠婚葬祭用、旅行用、など用途別に合わせてそのセットだけ取り出せばすごく楽!

ただ1つ注意点!

こんまりさん曰く、カバンは入れ子しすぎないこと。中に入った物を忘れてしまわない数が良いそう。基本は2つまでが理想。

素材や使用頻度が近いバッグを入れ子にする。そして見えるようにクローゼットや押入れに並べるのが良いそう。

まとめ

カバンの収納は bag in bagがとてもスマートで使いやすくおススメ!

ぜひお家にあるカバンたちをひとつにまとめてみてくださいね♩

ではまた!