ついつい掃除したくなるコツとは?(水回り編)

こんにちは!misaki-katazuke.netのみさきです。

いきなりですが、水回りの掃除 定期的にされてますか?


水回りの掃除って面倒ですよねー。

掃除しないとすぐにカビてしまうし、定期的に向き合わないといけない箇所です。


水回りの掃除といえば

  • シンク
  • お風呂
  • トイレ

この3箇所ですね。

今回はこの3箇所の特にカビやすい箇所に注目してみたいと思います。

シンクは排水口のゴミ受け

お風呂場は髪の毛がたまる排水口

トイレは便座裏や便器内

この3つに共通しているのは外から見たときにゴミがたまっているのかわからない(わかりにくい)ということです。

そこで提案したいのが、汚れの見える化

汚れの見える化って?

例えば机にソースがついていたり、パンくずが落ちていると、抵抗なくティッシュでサッと拭いたりしますよね。

特にめんどくさーなんて思わずにやっていることじゃないでしょうか。

これはなぜか?

明らかに汚れたことがすぐに見てわかるので、きれいにしないと、と反射的に体が動いて掃除する習慣がついているからじゃないでしょうか。

汚れが見てわかることで、私たちは掃除しようと思うのではないでしょうか。

つまり汚れの見える化とは、

汚れが直接見てわかるようにすること。

シンクの排水口のごみ受けは普段蓋に覆われていて中のゴミが見えませんよね。

見えないからいいや!と思ったり、意識がゴミ受けに行かなくなったりして、気づいた頃にはカビだらけ。。ってことも多いと思います。

そこで、思い切ってゴミ受けの蓋を取っ払っちゃましょう。

すると嫌でもゴミ受けが目に入ります。少し溜まったら捨てようと思えるのではないでしょうか。

そうはいってもゴミ受けの蓋を取っ払ってしまうのは。。と抵抗がある方も多いと思います。そういう方は、お皿を洗い終わった後は必ずゴミ受けの蓋をあける。ここからはじめて見ませんか?

蓋をあけるだけでいいんです。蓋を開けてゴミが溜まっていても掃除はしなくてもいい。

それだけでも掃除のスパンが短くなるはずです。

お皿を洗い終わったら、まずは蓋をあけることから始めてくださいね。

お風呂場の排水口も同じ原理で、お風呂から出るときに蓋を外す。ゴミが溜まっていても溜まっていなくても外す。この習慣から始めてみましょう。

そして、トイレの便座裏や便器

これは、便座を意識的にあげることで、ここでも汚れの見える化をはかります。

常にあげておくのは抵抗がある方もいらっしゃると思うので、週に1回だけ便座を上げてみる。

そんな習慣を作ってみていはいかがでしょうか。

気づいたら掃除をしていた、、と水回りの掃除が生活の一部になっているかもしれません♪

ではまた!